銀行カードローンとは?特徴や金利、返済の仕方、審査について解説

急な出費がある、給料日まで生活費が足りない、いざという時のために財布に余裕を持たせたいという人の中には、カードローンの利用を検討しているかもしれません。

しかし関心は持っているもののカードローン、特に銀行系のカードローンに対してはハードルの高さを感じている人もいるでしょう。さらにカードローンには在籍確認を含めた審査もありますし、メリットもあればデメリットもあります。

しかし銀行カードローンはきちんと理解して使えば非常に便利です。カードローンの特徴や金利や返済について紹介するとともに、審査をスムーズに完了するにはどうすればよいのか、その方法を伝授します。

銀行カードローンの特徴

銀行カードローンは、銀行が提供している個人向けのローンサービスです。消費者金融や信販会社で提供されているカードローンよりも低金利で総量規制の対象にならないというという特徴があります。その代わり、審査は厳しく時間も掛かるため、即日融資には対応していません。

銀行カードローンを選択するポイントとは?

銀行カードローンの選択ポイントは、利便性はもちろんのこと返済のことを考えて決定してください。金利の利率は当然のこと、返済の希望を踏まえて返済方式も要確認です。

MEMO
もし口座を持っている、またはすでに何らかの取引を行っている銀行があり、取引状況に問題がなければ有力候補として考えてもいいかもしれません。既に取引があれば新規の申し込みよりも審査に有利になる可能性があるからです。

銀行カードローンのメリット

金利が低く限度額が大きい

銀行カードローンが他のカードローンと異なる点は、まず金利の低さと限度額の大きさです。消費者金融系カードローンの上限金利は18%と設定されていることが多いですが、銀行は14%台が中心です。

大手消費者金融のカードローンの限度額は500万円程度ですが、銀行カードローンは1000万円を越えるものもあります。

少額で短期間の利用であるならあまり差はないかもしれませんが、高額で長期利用となると利息の負担は無視できません。しかし、銀行カードローンなら利息の負担を軽減させることも可能です。

総量規制の対象にならない

消費者金融や信販会社などのカードローンやキャッシングは総量規制の対象となっています。総量規制とは貸金業法に含まれている規制で、申込者の年収の1/3以上の融資を禁止する法律です。

銀行カードローンは銀行法が適用されるため、この総量規制の対象にはなりません。そのため、年収の1/3以上の融資も可能です。

専業主婦(夫)でも利用できる

カードローンやキャッシングは、安定した収入がある人でないと原則申し込むことができません。そのため、多くの金融機関では専業主婦(夫)によるカードローンの利用を制限しています。

しかし、一部の銀行カードローンは、配偶者に安定した収入があれば専業主婦(夫)にも融資可能としているところもあります。

銀行カードローンのデメリット

審査に時間が掛かる

銀行カードローンは、申込から融資までに時間が掛かります。大手消費者金融の多くは審査が最短で数十分で完了し、1時間程度で借り入れが可能になりますが、銀行は即日融資には対応していないためどんなに早くても審査結果が出るのに数日かかります。

銀行系カードローンは、自行と保証会社の2回審査が行われます。加えて、警察庁のデータベースに申し込んだ人の照会を行うことが義務付けられており、回答は最低でも一日以上の時間を必要とするからです。

自主的に総量規制を適用している

銀行カードローンは総量規制の対象にはなりませんが、過剰な融資を防ぐため自主的に総量規制を適用しています。

そのため、多くの場合年収の1/3以上の貸付は基本的には行われません。ただ、利用実績がしっかりしていれば、増額という形で総量規制を超える融資に応じてくれる可能性はあります。

銀行口座の開設が求められる場合もある

多くの銀行カードローンでは、その銀行の口座を持っていることが条件になっています。そのため、銀行カードローンの申し込みと同時に口座の開設が求められる場合もあり、時間が掛かります。

できるだけすぐにカードローンを利用したいなら、すでに口座を持っているところを選ぶか、口座が必要ないカードローンを探す必要があります。

銀行カードローンの金利・返済を解説

カードローンを利用する際にもっとも気になる金利や返済について解説します。

銀行カードローンの適用金利は何%?

カードローン各社の金利は幅広く表示されています。例えば楽天銀行スーパーローンは「1.9%~14.5%」ですが、適用される金利は何%なのか気になる人は多いでしょう。

上記の金利表示の場合、つい「1.9%」に目が行きがちになりますが、この金利が適用されるのは楽天銀行スーパーローンの最大限度額の800万円で、100万円以下の借り入れであれば14.5%です。カードローンの限度額は100万円以下に設定されることが多いので、ほぼ確実に上限金利が適用されます。

カードローンの金利は借入限度額の上限が50万円~100万円単位で変化します。各社によって利率が異なるため、利用する際には商品概要をしっかりと確認してください。

銀行カードローンの利息計算方法

カードローンの利息の計算方法を紹介します。カードローンの金利とは「年利」で、借入金を日割りで計算します。

計算式は、

利息=借入残高×利率÷365(一年の日数)×利用日数

です。

例えば10万円を年利15%で30日借りた場合、

100,000×0.15÷365×30=1,232

となり、支払う利息は1232円となります。金利が低ければ当然支払う利息は低くなります。

銀行カードローンの返済の仕方

カードローンの返済について解説します。カードローンの返済は「約定返済」で、毎月返済必ず返済しなければいけません。また、大抵のカードローンの返済は「リボルビング方式」で毎月決められた金額を返済します。

余裕がある時には「臨時返済」や「随時返済」などを利用して、返済日以外に返済することもできます。約定返済は元金と利息を合算した金額ですが、臨時返済をすると全て元金に充てられるためお得です。

返済方式に要注意

カードローンの返済方式は各社によって異なります。例えば三井住友銀行カードローンは「元金定額方式」で、毎月の返済は「一定の元金+利息」を合算した金額です。借り入れてからしばらくは返済金額が高く感じるかもしれませんが、元金が早く減っていくので返済期間が短く済みます。

一方、大手消費者金融の多くが採用している「元利定額方式」は、返済額が一定に設定され、その中で元金と利息が含まれています。月々の返済の負担は少ないものの支払期間は長期に渡ります。カードローンの利用は目的に合った返済方式を選ぶことも重要です。

銀行カードローンの審査に通るには

カードローンの中でも審査基準が厳しそうな印象がある銀行カードローンですが、実際のところどの程度厳しいのでしょうか。

各行の審査基準は非公開ですが、銀行カードローンの審査を通過する人には共通点があります。

安定した収入のある人

安定した収入のある人でないとカードローンの審査は通りません。「安定した」とは「定期的な」ということです。カードローンを利用すると毎月返済しなければいけないので、毎月収入のある人でないと利用できないのです。

毎月一定額以上の収入(年収200万円以上と言われています)があれば、利用者の年収額は審査の可否にあまり関係なく、アルバイトやパートの人でも申し込みが可能です。逆に年収が高くても定期的な収入のない人は審査に通りにくくなります。

転職回数の多い人や転職して間もない人は、「安定した収入がない」と判断される可能性があります。

信用情報に問題がない人

ローンやクレジットの利用状況はCIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターといった信用情報機関に登録され、各金融機関は情報を共有しています。この情報が「信用情報」で、カードローン審査では大きな評価ポイントになります。

問題なくローンやクレジットを利用している人は審査に通る可能性が高いですし、何らかの金融トラブル(債務整理、長期滞納、クレジットカードの強制解約、申し込みブラックなど)があり事故情報が記録されていると審査が通りません。

「利用記録が全くない」スーパーホワイトな人も審査に通りづらくなります。特に40代、50代でローンやクレジット記録がないと、以前問題を起こした人と判断されやすくなります。

銀行カードローンの審査が通らない人

銀行カードローンの審査に絶対に通らない人を紹介します。下記の項目に当てはまる人は銀行カードローンでの借り入れが難しいので別の方法でお金を調達してください。

未成年

銀行カードローンに限らず全てのカードローンは20歳未満の人の利用を禁じています。未成年は法律行為の破棄を認められており、法律行為であるカードローンの契約をいつでも破棄できるからです。未成年に融資を行うと常に貸し倒れのリスクを抱えてしまいますし貸し倒れが起きても文句を言えません。

反社会的勢力との関係がある人

金融庁は金融機関に対して反社会的勢力(暴力団、暴力団関連企業、総会屋、半グレ集団など)の排除を厳命しています。反社会的勢力と言われている人や関係のある人はカードローンを利用できません。

すでに年収の1/3以上の借り入れがある人

既に年収の1/3以上のカードローンの借り入れがある人は審査が通りません。(住宅ローンやマイカーローンといった目的型ローンの場合は、トラブルを起こしていない限り影響しません。)

銀行や信用組合は総量規制対象外ではあるものの、自主的に年収の1/3以上の貸し付けを制限しているため、他社での借り入れが総量規制の基準を超えていると融資してくれる可能性はかなり低くなります。

また、年収の1/3以上の借り入れがなくてもカードローンの借入件数は2社以内でないと銀行カードローンの利用は厳しいでしょう。

銀行カードローンの審査に通るコツ

審査基準が高いという印象のある銀行のカードローンですが、普通に就労して月々の収入があり、金融トラブルや他社の利用件数が少なければ、それほど審査のハードルは高くありません。

申し込む際には一社ずつ

銀行カードローンに申し込む時は一社ずつ申し込んでください。同時に複数のカードローンに申し込んだほうが可能性は高いと思われるかもしれませんが、絶対にNGです

信用情報機関にはカードローンの申込情報も記録され、短期間に複数の融資を申し込むと「申し込みブラック」という状態になります。この状態になると6カ月間申し込みができなくなります。

提出書類をきちんと揃える

本人確認書類、収入を証明できる書類は銀行カードローンの審査で必要なのでしっかりと準備してから申し込んでください。いずれも複数の確認書類を用意できれば信頼性が高まり審査で好印象を与えます。本人確認書類は顔写真があるものを提出すると本人確認がスムーズに行われます。

申告する情報は虚偽やミスがないように

少しでも審査に有利になるようにと、年収を多く申告する、勤務先の雇用形態を偽って申告(契約社員なのに正社員と偽って申告するなど)するのは絶対にやめてください。銀行カードローンの審査能力は優秀なため虚偽が判明する可能性が高いですし、もしそのまま審査が通ったとして後々事実が判明すると契約違反となり一括返済が求められます。

また、申し込み時の情報の記載ミスをしないように細心の注意を払ってください。些細なミスでも、確認作業で審査に時間がかかったり、「融資するのに信頼できない人」と思われたりして審査に不利になる可能性が高いからです。

在籍確認は確実に

カードローンの審査では必ず在籍確認が行われます。在籍確認の方法は電話が大半で、審査担当者が個人名で連絡し「申し込んだ人が在籍しているかどうか」を確認することですが、在籍確認は審査に非常に重要なので必ず連絡が取れる、もしくは在籍していることが証明できる連絡先を申告してください。

例えば、派遣社員の人が申し込む時には派遣先企業より派遣元企業を申告したほうが確実です。派遣先企業は派遣社員の存在を把握していないこともあるからです。

銀行カードローンの審査に通らなかった人は

残念ながら銀行カードローンの審査が通らなかった人はどうすればよいのでしょうか。まずは審査が通らなかった原因を考えることです。その理由次第では再度チャレンジ可能です。対処法や代替案を紹介します。

期間を置いてから申し込む

審査が通らなかった場合、一定期間を置いてから再度申し込めば審査が通るかもしれません。ただし、ただ時間が経つのを待つのではなく、審査を通過しなかった原因を解消することが重要です。

他社のローンが残っていたら完済して解約してから、申し込みブラックであれば半年たってから申し込みましょう。

不動産担保ローンを検討する

住居が持ち家である、または不動産を所有していればそれを担保にすれば融資を受けられる可能性が高くなります。ただし担保となる住居や不動産の鑑定が必要になるので、審査に時間がかかります。

消費者金融系カードローンを検討する

消費者金融系のカードローンを検討してもいいかもしれません。大手の消費者金融系カードローンは銀行カードローンより金利は高めに設定されていますが、その分審査は柔軟ですし審査スピードも速いので審査結果次第ではすぐに借り入れができます。利便性が高く銀行やコンビニなどの提携ATMが多いので全国どこでも利用できます。

大手消費者金融のほとんどは初回利用者に対して、一定期間の無利息サービスを提供しています。このサービスを上手く利用すれば、銀行カードローンよりも利息負担を軽減できる可能性もあります。