ネット・サイトで見られる

統計学がわかる解説用図およびデータ表一覧

授業、復習、研修会に便利

テキスト活用のガイド


本サイト目次

1. 有用確率分布  作成中
2. 『統計学入門』を読む  作成中
3. 『自然科学の統計学』を読む  作成中
4. 『人文・社会科学の統計学』を読む  作成予定
5. 『入門統計解析ー医学・自然科学編』を読む  作成予定

 基礎統計ワークショップへ


1. 有用確率分布 作成中

分布名 統計学入門 入門確率過程 自然科学の統計学
離散 二項分布      
離散 超幾何分布      
離散 ポアソン分布      
離散 幾何分布      
離散 負の二項分布      
離散 さいころ2個の和      
連続 指数分布      
連続 ガンマ分布      
連続 正規分布      
連続 二次元正規分布      
連続 対数正規分布      
連続 ベータ分布      

2. 『統計学入門』を読む 作成中

18 表2.1 統計学得点の度数分布表
30 表2.5 同、平均・分散を求める例
42 表3.1 兄弟・姉妹の身長
42 表3.2 年齢と血圧
43 表3.3 科目得点間の相関係数
44 図3.4 8月不快日数とエアコン保有率
47,48 図3.7〜3.10 相関係数と散布図
65 表3.13 持ち家比率と自民党得票率
66 表3.14 職業別の社会的リスク認識
76 表4.1 ポーカーの手の組合わせの数と確率
90 表5.3 2個のさいころの目の和の確率
92 図5.5 指数分布の密度関数
93 図5.7  同、累積分布関数
99 「宝くじ」の当選本数
100 表5.5 二項分布の確率関数
100 図5.13 同、図
112 表6.1 ウェルドンのさいころ
113 図6.3 二項分布Bi(5,1/5)
114 図6.4 いろいろのポアソン分布
116 表6.2〜6.5 ポアソン分布の実際例
117 図6.5 いろいろの幾何分布
121 図6.6 正規分布の密度関数
123 図6.9 さいころと正規分布(中心極限定理)
124 図6.10 図5.5参照
125 図6.12 ガンマ分布の密度関数
127 図6.13 ベータ分布の密度関数
127 図6.15 対数正規分布の密度関数
133 表7.1 ホッケーの勝敗結果
134 表7.2 2個のさいころの最大値、最小値
136 図7.1 最大値と最小値の周辺確率分布
137 表7.3 父の身長と子の身長
140 図7.2 最大値と最小値の確率分布
145 図7.5 ウェクスラー成人知能尺度の密度関数(等高線)
156 図8.1 観測された成功率の確率分布
158 図8.2〜8.5 コンピューターで見る大数の法則
163 図8.7〜8.10 さいころの目の和の確率分布
172 図8.22 一様乱数から正規分布作成
188 表9.4 1セント硬貨の重量の分布
218 図11.2 二項分布の尤度関数
228 表11.3 東京と大阪の平均気温
231 問11.5 薬の効果
231 問11.6 化学物質の濃度
233 表12.1 メンデルのエンドウ豆のデータ
235 表12.2 二項分布Bi(20,1/2)
245 表12.5 メンデルの法則の適合
248 表12.9, 12.10 試験の成績の分割表
252 問12.5 円周率π
276 問13.1 胸高直径と樹高
276 問13.2 銅消費量と実質国内総生産

 『統計学入門』

3. 『自然科学の統計学』を読む 作成中

6 図1.1 二項分布Bi (n,p) の形
10 図1.4 ポアソン分布の形状
11 表1.1 バクテリアの数
13 図1.6 正規分布の密度関数
14 図1.7 標準正規分布の確率
21 図1.9 二項分布の正規近似
22 練習1.6 表1 続,あてはめ
34 表2.2 1元配置のデータ
35 表2.3 2次多項式のデータ
46 表2.4 単回帰のデータ
75 練習2.4 データの比較
76 練習2.6 2変量データと回帰分析
79 表3.1 2標本問題データ
85 表3.2 1元配置実験データ
92 表3.3 反応条件データの分散分析表
97 表3.5 繰り返しのある2元配置データ
99 表3.6 2元配置データの平方和計算のための要約表
103 表3.7 圧廷条件データの分散分析表
103 図3.4 例3.3の圧延条件のデータの各水準組合せでの平均
105 表3.8 繰り返しのない2元配置データ
106 表3.9  熱処理歪みデータの分散分析表
107 表3.10 2水準直交表
108 練習3.2 1元配置
109 練習3.6  繰り返しのある2元配置
113 図4.1 ロジスティック分布の分布関数
114 表4.1 ロジット・モデルとプロビット・モデルの比較
114 表4.2 大学への距離とキャンパス内に住む比率の関係(アメリカ)
114 表4.3 期末試験成績のデータ(分割表)
118 図4.2 2項分布に従うデータの尤度関数(n=10,y=2の場合)
142 練習4.1 心理学データ
147 円周率 999999999でも10億桁ではランダム
149 表5.2 到達α粒子データへのポアソン分布あてはめ
151 表5.3 2次元分割表
164 表5.11 英国における投票の推移を表すデータ
165 30-39歳の女性(7477人)の裸眼視力
174 練習5.2 擬似乱数の適合度検定
174 練習5.3 2×4分割表の検定
201 例7.1 締め付けトルク
221 表7.2 順位和検定の下側2.5パーセント点
235 図8.2 標準正規分布,ロジスティック分布の累積分布関数の比較
245 表8.3 学生のA,Bの2コースの選択
250 練習8.5 市場調査
256 図9.1 事後確率分布の変化(新薬開発の例)
271 表9.5 フィッシャーによるアイリス・データ
278 図10.1 ランダム・ウォークの例
282 表10.1 破産問題の数値例

 『自然科学の統計学』

4. 『人文・社会科学の統計学』を読む  作成予定

5. 『入門統計解析ー医学・自然科学編』を読む  作成予定


 基礎統計ワークショップへ