統計学と国際社会I

2005年度前期

 QMSS ウェブサイト活用授業

 PDF ファイルの表示の仕方


 シラバス

 使用テキスト

内容など 備考
第1回 4/11  授業の前のやや哲学的な解説 => 「統計分析はただ計算だ」と思っている人々に

・「理論」・「実践」・「制作」の3学問/「演繹的」と「帰納的」/「繊細の精神」と「幾何学の精神」/「実証的」の意味/実験の精神/統計学の起源/
・ すべてのアリを見たわけではないのになぜ「アリは黒い」といえるのか(=> レポート)
・ 哲学に関心ある人はここ

 レポート予告題

配布資料
第2回 4/18  前回続き:「計量的」と「数理的」/数学の3分野(幾何学、代数学、解析学)

・ 3角形の内角の和の実験
・ 本格スタート(まずキーワードを提示):データ、時系列、クロス・セクション、全数調査とサンプル調査、ランダム・サンプリング、4つの尺度、統計量、代表値、平均値、分散と標準偏差、相関係数、最小二乗法、回帰直線と回帰方程式、エクセル、折れ線グラフ、散布図

 レポート出題 (4/25改定)

* 関連サイトは、総合サイトから、「基礎統計ワークショップ」「データバンク」へ。
* テキスト、参考書:テキスト『社会を読み解く数理トレーニング』、参考書『わかりやすい統計学』、レポート作成に絶好の『統計学100のキーワード
さらに学びたい方はここ

配布資料
第3回 4/25  統計学の基礎事項(付:資料)

・ 時系列とクロス・セクション
・ 全数調査とサンプル調査
・ 数量による計り方の4つの「尺度」
・ 平均、分散・標準偏差
・ 相関係数(未)
   - 米ソ両国の軍備データ
   - 国際結婚に対する賛否

 レポート出題(3週後)=> 大変だけど力つく

配布資料
第4回 5/9  相関関係と相関係数(テキスト pp. 9 - 12)

相関関係:解説
相関係数:計算と意味 => CORREL(エクセル)、データ例(1-2a, b)

* 関連書 1.キーワード 2.少していねいな解説書

 社会調査法入門基礎(テキスト pp. 11 -24 )

・ 調査の実施法 おおまかには4,5通り  * 関連サイト
・ サンプリング(単純無作為、層別、多段) [以下続]
・ 調査票、ワーディング

配布資料
第5回 5/16  社会調査の入門基礎

・ 調査の実施法
・ サンプリングの方法(単純ランダム、層別、多段)
・ サンプル・サイズの決め方
・ 質問文の作り方(ポイント)

テキスト:pp.15 〜
キーワードから:無作為抽出(p.24)
サイト:調査法

配布資料
第6回 5/23  統計的検定(1):スチューデントの2サンプルt検定

* 2集団を比較することはきわめて多い
* 各集団の分散を見ておくことが重要
* t統計量を計算する
* t分布表で見て判断
* 応用:ODAのGNP比率比較、バブル期の成長率比較、新薬の薬効検定
*「スチューデント」はギネス・ビール研究者から由来

テキスト:pp.51〜
サブテキスト:データと地域(pp.30 〜, pp93〜)
キーワードから:比較(p.14)
データ・サイト:都道府県別成長率新薬の薬効検定
エクセル:等分散を仮定する2サンプルt検定

配布資料
第7回 5/30  統計的検定(2):カイ2乗検定

* <前回続き> 有意水準、有意、自由度
* カイ2乗検定:例と考え方

テキスト:pp.45 〜, 74〜
サブテキスト:質的変数(p.66〜、pp.115 〜 )
データ・サイト:独立性の検定(次回)
t分布表、カイ2乗分布表:統計数値表にある
進んだ学習:数理的な統計学

配布資料
第8回 6/6

制作中

配布資料

<作成中>


 「教材おきば」トップへ

 松原QMSSサイト入り口