現代へようこそ

生きた日本語・日本文化を知ろう

平松礼二  「塔―TOKYO」(1982 年)

 留学生総合サイトへ


「ことば」は生きている

最新の日本語や日本文化を知るには、テレビを見たり、新聞や雑誌を読んだり、日本人と話したり、街を歩いたり、旅行をしたり、いろいろな方法があるでしょう。「ことば」は生きています。だから、生きた「ことば」を知るには、まずほんの少しの変化や違いに気がつくことが大切です。いっしょに、「生の」日本語をさがしに出かけませんか?

「生きた日本語」〜日本語の音声〜

「ヨン様の日本語」(中村則子)

「名前の発音」(中村則子)New !