東京大学留学生 第5回作品


2006年も秋を迎えました。文系の17点を紹介します。ふつうのできごとでも、斬新な関心を呼び起こしていることがうかがえて、面白いですね。若さを感じさせるものもあります。


1.S.M.(ブルガリア)
   ユーモアとジェンダー

2.C.H(韓国)
   Gender gap についての東洋と西洋の比較

3.N.A.(パラグアイ)
   日本の教育基本法を改正する必要があるか〜愛国心問題を巡って〜

4.S.Y.(カンボジア)
   靖国神社問題

5.S.W.W.(韓国)& P.I.Y.(韓国)
   東北アジア共同体の成立可能性:EUとの比較

6.D.S.(モンゴル)
    内モンゴル

7.H.Y.C.(韓国)
   人間胚性幹細胞研究の倫理性に関する考察

8.M.S.(ブルガリア)
   科学者は神のようになれるか

9.C.W.(オーストラリア)& T.C.(マレーシア)
   愛―科学的、心理学的分析―

10.D.L.(オーストラリア)
   モテるということについて考える −女性の心理から−

11.W.W.K.(韓国)
   デートの経済学  〜デート代を男が払わなければならない理由〜

12.D.T.H.(ベトナム)
   日本人は「におい」に対する関心が薄いか?−自然の影響と人間の特徴

13.J.S.(ラオス)
   「いただきます」日本文化を特徴付ける表現

14.K.U.(カザフスタン)
   日本とカザフスタンの教育文化の違い

15.K.S.H.(韓国)
   第二外国語の履修は必修にすべきであろうか

16.G.M.J.(ベトナム)
   もっと強くなれるんだ!

17.H.S.(インドネシア)
   テレビを中心とするメディアの比較  ―インドネシアと日本―


 留学生総合サイト

 他の作品もみたい人はここ