相関社会科学

社会の知を深める
社会科学のミニマム・エッセンシャル

最終更新日 10/02/23
  更新履歴 あなたは 番目の訪問者です。

 総合案内サイトへどうぞ(関連サイト多数!)

 ご質問、ご感想などをお寄せください

  本サイトにおける著作物引用については、出版社、訳者、著者の引用許可を申請中です。


制作者松原望は上智大学を定年退職し、聖学院大学大学院政治政策学研究科教授に就任いたしました。今後も一般の方のいっそうの有効利用をめざして充実を図っていくつもりですので、従来にもまして皆様のご活用を歓迎致します。今後もよろしく。[2008/4]

制作者松原望は、東京大学を定年退官し、上智大学教授となりましたが、本サイトはすでに事実上全国的利用となっていました。今後、上智大学の授業を念頭において作成を続けますが、一般の方の利用は従来通り歓迎致します。今後もよろしく。[2004/4]

責任編集 :松原 望(Nozomu Matsubara, Ph.D.)

東京大学大学院新領域創成科学研究科教授・
総合文化研究科及経済学研究科教授(兼)、
放送大学客員教授
専攻:相関社会科学、統計学
メールアドレス


知の深さと華麗                            (バチカン図書館より)

内容予告

1989 年度講義内容を未修正で公開。

増補・出版期日未定。[ ] は 1988 年度。

 東京大学総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コース

目次

 最新公開

書き下ろし 日航機御巣鷹山墜落より18年、こうではなかったか?

 

 すでに公開

3. 幸福 メッセージ 「良く生きれば人生は十分に長い。」

  心の平静
  「不確かな」財産
  幸福の政治哲学と市場哲学
  近代エピクロス主義者

1. イデアの世界 メッセージ 「個々の美しいものは生成消滅するが美そのものは永遠。」

  影絵の世界 ― プラトンの洞窟
  光の世界
  幾何学の精神
  巨大な物さし

 制作中

13. [6] 時間:「人生の時間について」(仮題) 10月中旬公開準備中

  人間実存の時間表象
  Don't they know it's the end of the world?― 制度の時間依存性
  色恋の道と進歩の観念
  近代時間の独立―普遍的客観の成立
  おわりに

2. 知識:ガリレイ対アリストテレス

  ガリレイ革命
  森の中のデカルト
  哲学と自然学の統合
  「説明」と「理解」
  歴史原因とクレオパトラの鼻

3'. 功利 [3. 幸福と功利]

  「幸福の観念」の行方
  ‘Le jour de gloire’(栄光の日々)
  革命前 ― とくに、ベーコンからヒュームまで
  スミスの古典道徳哲学
  革命期
  ブルジョワの世紀
  現代の‘功利主義’
  最後に

4. 闘争 [4. 闘争と平和]

  人文主義者の夢見た平和 ― マキャベリ
  人道と正義―「人肉質入裁判」への異議申立
  ‘シャイロック’は結局勝った………
  Bellum omnium contra omnes(万人の万人に対する闘争)

5. [8] 市場

  「王」から「市場」へ
  市場的決定
  効率性
  社会選択

6. [9] 公共的決定

  市場の失敗 ― 「公害」の原型
  人間の精神的進歩
  民主主義信奉者に対する衝撃 ― 社会的厚生関数
  光はどこから・・・?
  「各人に彼のものを」 ― 正義論への訴求

7. [7] 組織

  組織原理
  教会と党 ― 排他原理
  企業と官僚 ― 包括原理
  最後に ― 社会システム論へ

8. システム [10. システムとロゴス]

  明治の終焉
  戦略問題
  機能主義者
  システム
  ロゴス
  普遍化

9. (欠番)

10. [13] 権力

  負の価値
  迷える羊の群 ― 「大審問官」の論告
  方法論的個人主義
  共同幻想
  権力に対する視座

11. [14] 国家

  「権力」と「暴力」の社会化
  二つの共同体
  二つの契機 ― 国家と自由
  20 世紀へ

12. [12] 環境

  地球環境問題 ― その哲学的整理
  「地球」
  「環境」
  「問題」
  「地球環境問題」の哲学的位置
  結論

14. ロゴス [11. 論理と思考(?)]

  「万物」たる自然 physis ― ギリシアにて
  「人間は万物の尺度である」
  「完成された学問」か?
  形而上学批判 ― 大伽藍破壊作業
  自殺は「科学的真理」に先行する
  (注) 自己言及のパラドックス
  意味
  論理学の基本式としての恒等式 tautology
  これらから導かれる種々の恒等式

15. [15] 自由

  「一切ヲ打チ切ル重大事件」
  ソクラテスよりカントへ ― 自由への系譜
  「自由」のドイツ精神史

最終回 超越

関連ホームページ

 計量社会科学     http://www.qmss.jp/qmss/
 戦略論ゼミ      http://www.qmss.jp/strategy/
 基礎統計       http://www.qmss.jp/e-stat/
 データバンク演習     http://www.qmss.jp/databank/
 確率論          http://www.qmss.jp/prob/


作成者情報
Copyright © 2003- 相関社会科学. All rights reserved.
最終更新日 : 2010/02/23 .