おまとめは消費者金融と銀行カードローンどっちが有利?

おまめローンは、うまくまとめれば多くのメリットがあります。

おまとめローンは消費者金融や銀行で申し込みができますが、金利や融資限度額はそれぞれの金融機関で違いがあるので、事前に調べておく必要があります。

うまく利用できないと逆に負担が大きくなりとても後悔することにもなりかねないので、申込前に時間をかけて業者を選ぶことが重要になります。

「おまとめローン」は消費者金融や銀行など多くの金融機関が積極的に取り組んでいるので、申込先を選ぶ時はそれぞれの金融機関の比較をしてから申込む事が大切です。

消費者金融おまとめローンの特徴

総量規制の対象外である

総量規制とは、消費者金融がお金を貸付ける時、融資の上限は年収の3分の1以内に制限される貸金業法に基づく規制です。ただし、総量規制には対象外になる「除外項目」や「例外貸付」があります。

「例外貸付」の中には「顧客に一方的有利となる借換え」という項目があり、たとえば、現在借りている金利より低い金利に借り換える、複数社の借入をまとめることで現在の状況が改善される、といった場合は、年収の3分の1を超える金額について、審査で返済ができると判断できれば融資をしてもよいというものです。

そのため本来は年収の3分の1以上の融資ができない消費者金融でも、総量規制を超える融資が可能になります。

消費者金融のおまとめローンは新規借入ができなくなる

おまとめローンで契約が完了すると、申込者の名前で現在の借入先に一括返済されます。おまとめの契約はほとんどの場合は返済が終わるまで、新たな契約をしてはいけないという内容になっています。

おまとめをすると信用情報機関の個人情報を定期的にチェックしており、仮に他社へ申し込みをしたことがばれると、一括返済を求められることもあるので注意が必要です。

銀行のおまとめローンの特徴

おまとめ専用は少ないがフリーローンやカードローンで代用可能

銀行カードローンは商品として「おまとめ」を扱っている銀行は少ないものの、その代わりフリーローンやカードローンを用いておまとめすることが可能です。特にフリーローンは使用使途として明確に「おまとめとして利用可能」と記載していることが多いです。

注意点としては、お金を借り換えた後は自分で元の借入先に支払いをしなければならない場合があることです。おまとめローンであれば、金融機関が申込者の名前で完済してくれるのですが、フリーローンやカードローンの場合は自分で支払わなければならないケースがあります。返済する前に余計なことに使ってしまう可能性があるので、十分に注意する必要があります。また、カードローンの場合は繰り返し利用ができるので、これも借金が増えてしまう原因となります。

おまとめ専用でない商品を使う場合は、しっかりと情報集してから利用しましょう。

低金利、高限度額で利用できる

銀行のローンでおまとめる際の大きなメリットは、低金利・高限度額で借りられることです。

消費者金融のおまとめローンは金利設定が比較的高めで、特に最高金利は18.0%~17.5%で設定されています。対して、銀行のローンだと最高金利を15.0%以下で設定しているところ多く、100万円程度の金額をまとめる場合は銀行を利用した方が確実に有利です。また、最低金利も大体は3.0%~1.0%台で設定されているので、高額でまとめる場合も有利になります。

最高限度額は、800万円に設定しているところが多いですが、銀行によっては1000万円で設定していることもあり、高額の借り換えも可能です。

ほぼすべての債務をおまとめの対象にできる

銀行のローンだと、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠だけでなく、銀行のローンやショッピング枠などもおまとめの対象になります。

ただし、すべての銀行でクレジットカードのショッピング枠を対象にしているわけではありません。例えば、ショッピングの翌月一括払いは、「ローン(借金)」ではなく「後払い」という扱いになるため、原則おまとめ対象外になります。

申込前にやっておく事

ただ漠然とまとめる事だけを考えるのではなく、現在の借入残高がどれくらいか、毎月返済がどれくらいなのかを具体的に書き出してみましょう。

その上で「返済シミュレーション」などを利用して、まとめるとどれくらいのメリットがあるのかを前もって確認しましょう。

また、おまとめは借入件数が3社程度ならさほど問題はありませんが、借入件数が4社以上になると厳しくなります。

現在利用しているローンで完済できそうなものから完済・解約したり、まとめられそうなものをいくつか選んで現在利用している借入先でまとめたりするなどしれ、借入件数を減らす必要があります。

まとめる前にシミュレーションしてみる

おまとめローンは低金利で融資限度額も大きくなるため、一般ローンに比べてさらに審査が厳しくなります。

銀行カードローンでおまとめをする場合、ある程度の属性が必要で、東京スター銀行のように、年収制限を設けているところもあります。

そういったカードローンは一定以上の年収がなければ利用できませんので、パートやアルバイトなどで収入を得ている人は厳しいかもしれません。

かといって銀行カードローンでおまとめが出来ないというわけでもありませんので、申込が可能な銀行カードローンを探し、「借入診断」などを利用して事前に申込が可能かどうかを調べてみるのがポイントです。

また「返済シミュレーション」を大いに利用して、まとめる事が出来ると、現在の状況がどれだけ変わるのかも調べる事が重要です。

申込の記入ミスに注意

審査に通らない理由で多いのが、申込書の記入ミスや記入漏れで、ミスがあればその場で審査は終わってしまいます。

こちらがごまかしたつもりがなくても、申込書をみた担当者が「ごまかしている」と判断してしまう場合もあるので、申込書を提出する前に、再度確認する事が重要です。

また、短期間に複数社へ申込をすると、信用情報機関の個人情報にどこへ申込をしたかが記載されています。

審査は個人情報も参照するので、「他社で借りられていないのは何か理由がある」と判断されてしまい、ますます審査に通りにくくなりますもし、複数社へ申込をしなければならない時は一定期間、間を開ける必要があります。

おまとめローンを検討する時は、それぞれの銀行や消費者金融で返済シミュレーションで試算してみて、無理のない返済計画が立てられるカードローンや、利息総額ができるだけ少なくなるカードローンを選びましょう。